フィギュア

S.H.Figuarts パンドン 史上最大の侵略セット 55th Anniversary Ver.【10月3日16時から予約開始】ウルトラセブン55周年記念品◆最終話の夜間対決をイメージしたカラーリニューアル◆記念台座付属

ウルトラセブン55周年を記念して、最終話で登場する怪獣「パンドン 史上最大の侵略セット 55th Anniversary Ver.」が「S.H.Figuarts」から登場。予約開始は2022年10月3日16時から。ベースとなるのはプレバン限定で発売された「S.H.Figuarts パンドン 史上最大の侵略セット」(2018年8月発売)でありプレミア化。今回の55周年記念品は「ウルトラセブン」最終話の夜間対決シーンをイメージし、プレミア化した商品よりも「くちばし」のシャドーは明るく、本体色のレッド部分は暗くしながら、スーツの艶感も追加する等のカラーリングが調整されました。改造パンドン再現用の「腕・脚」パーツや、「アイスラッガ―」持ち手首と世界観再現用の頭部パーツ、そしてウルトラセブン55周年ロゴが入った「55周年記念台座」が付属する逸品。欲しい方はお早めに

記事へ

フィギュア

S.H.Figuarts ウルトラセブン 55th Anniversary Ver.【10月3日16時から予約開始】ウルトラセブン55周年記念品◆過去プレミア化した品がカラーリニューアル◆ブラザーズマント&55周年記念台座付属

ウルトラセブン55周年を記念した「ウルトラセブン 55th Anniversary Ver.」が「S.H.Figuarts」から登場です。予約開始は、2022年10月3日 16時から。ベースとなる一般店頭販売「S.H.フィギュアーツ ウルトラセブン」(2017年3月発売)はプレミア化。その後、2度の再販を経てもプレミア化と蘇った商品です。今回の55周年記念品は、本体のレッドとシルバー部分にメタリック塗装を採用。さらに「ブラザーズマント」や、ウルトラセブン55周年ロゴが入った「55周年記念台座」が付属する逸品となりました。2022年10月3日 16時から予約開始!人気商品ですので、欲しい方はお早めにご確保下さい。

記事へ

フィギュア

マクロスF DX超合金 VF-25F スーパーメサイアバルキリー(早乙女アルト機) リバイバルVer.【10月3日16時から予約開始】機体及びスーパーパーツ表面に艶消し処理・質感を高め一部マーキング追加

マクロスシリーズ生誕25周年記念作品「マクロスF」より、主人公「早乙女アルト」が搭乗する「メサイアバルキリー」がリバイバル化。「スーパーパーツ」が装備されて登場。予約開始は2022年10月3日16時から。過去プレミア化した「メサイアバルキリー(早乙女アルト機)」のカラーをリニューアルした「VF-25F スーパーメサイアバルキリー(早乙女アルト機)」(2009年11月発売)はプレミア化。また、リニューアル「VF-25Fメサイアバルキリー(早乙女アルト機) リニューアルVer.」(2011年10月発売)は2度の再販を経てもプレミア化。今回は機体及びスーパーパーツ表面に艶消し処理を施して質感を高めつつ一部マーキングを追加した逸品。

記事へ

フィギュア

VTuber 百鬼あやめ ホロライブプロダクション 1/7 コトブキヤ【9月6日予約開始】店舗限定の購入特典「にぱぁ顔パーツ」付アリ◆キャラデザはカグラナナが担当◆スケールフィギュアで初の立体化

バーチャルYouTuber(以下、VTuber)事務所「ホロライブプロダクション(hololive production)」より「ホロライブ」二期生の「百鬼あやめ(なきり あやめ)愛称:お嬢」が1/7スケールフィギュアとなって登場。予約開始は2022年9月6日から。チャンネル登録者数131万人(2022/9/6)を持つ人気VTuber「百鬼あやめ」が初立体化!キャラクターデザインはVTuber「カグラナナ」チャンネル登録者数32.1万人(2022/9/6)が担当。「コトブキヤ」では店舗購入特典として「にぱぁ顔パーツ」が付属します。ですが定価販売ですので、特典が必要ない方は割引店舗でご確保を。過去、コトブキヤ「ホロライブ」関連では「湊あくあ 1/7」(2021年7月発売)がプレミア化。欲しい方はお早めにご確保下さい

記事へ

フィギュア

S.H.Figuarts テクターギア・ゼロ【9月5日予約開始】大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE◆プレミア化したウルトラマンゼロが再現可能なパーツ一式付属◆ウルトラギャラクシーファイト

2009年の特撮映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」より「テクターギア・ゼロ」が「S.H.Figuarts」シリーズから登場。予約開始は2022年9月5日から。特撮Webドラマシリーズ「ウルトラギャラクシーファイト」の最新作、2022年シリーズ第3弾目「ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突」にも登場した「テクターギア・ゼロ」が、円谷プロダクション造形部門LSS協力のもと劇中をイメージしたプロポーションにて立体化!過去、一般店頭販売で発売されプレミア化した「ウルトラマンゼロ」状態再現用のパーツ一式付属。パーツを差し替えることで「テクターギア・ゼロ」と通常の「ウルトラマンゼロ」の状態が再現可能な逸品。「ピグモン」ミニフィギュア付属

記事へ

BE@RBRICK

プレミア化が定価で確保可能】ベアブリック BE@RBRICK シリーズ44 (24個入りBOX) 全14種類◆ヤフオクではプレ値で落札◆ヤフー・Amazon・楽天内ではプレ値店が存在◆復活中!欲しい方はお急ぎを

オンライン完売した人気商品。ベアブリック BE@RBRICK(メディコム・トイ)の新作「BE@RBRICK」シリーズ 44が「あみあみ」で復活中!ヤフオクでは24個入りBOXやカートン(4BOX)がプレミア価格で落札されている人気商品。Yahooショッピング・Amazonマケプレ・楽天市場内では、プレミア価格で販売する店舗が存在。SERIES 44のラインナップは「SQUID GAME(イカゲーム)」「STRANGER THINGS(ストレインジャー・シングス)」「たぬきゅんフレンズ」「Jean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)」「シン・ウルトラマン」「007」「Czarface(シザーフェイス)」「Kenny Scharf(ケニー・シャーフ)」「JUNK HEAD(ジャンク・ヘッド)」「アントニオ猪木」など、全14種類で展開。お急ぎ下さい!

記事へ

フィギュア

原神 刻晴 疾雷快雨Ver◆初回生産限定購入特典アリ◆ヤフー・楽天・Amazonマケプレにてプレミア価格で予約販売する店舗が出現◆原神から日本のゲーム業界が崩壊!日本人の価値観が数年で変わる理由

人気上昇オープンワールドゲーム「原神(Genshin Impact)」から、2021年9月17日に予約開始した「APEX TOYS」の「刻晴 疾雷快雨Ver」1/7スケールフィギュアに動きがありました。

Yahooショッピング・楽天市場・Amazonマケプレ内にて、プレミア価格で予約販売する店舗が出現しました。
元々、割引販売する店舗が少ない商品ですので、ご注意下さい。

「あみあみ」内の「いいね」数は驚異の1440越えをしています(2021/10/20)
無凸でも優秀なアタッカーとなる「璃月七星」の「玉衡(ユーヘン)」こと、「刻晴(こくせい)」が初のフィギュア化で注目されている商品。いいね数が物語っていますね。

片手剣「匣中龍吟(くしげちゅうりゅうぎん)」を構え、元素爆発「天街巡遊」を解き放とうとする造型で、初回生産限定購入特典には、その「匣中龍吟」 の「天街巡遊Ver.」が付属。

更に特典として「アクリルスタンド」が付属するのですが、店舗詳細にはその旨が記載している店舗と、記載が無い店舗がありますのでご注意下さい。

発売日は2022年12月と先が長いのですが、割引店舗が少ない商品ですし、海外メーカーという事もありますので、欲しい方はお早めに


ご存知ない方もおられると思いますが、このゲームは中国産のゲームであり、「原神」の登場で日本のゲーム業界が崩壊する危機にあります。

間違いなく後数年で日本人の中国ゲームへの価値観が変わるでしょう。

現在、ゲーム業界の中で最も売上げがあるのがスマホゲームですが、2011年までのモバゲー・グリー・DeNA等のガラケー時代の開発費は500万程度でした。1000万以上は掛けすぎと言われていた時代ですが、それでも月の売上は1~3億はあった時代ですね。(代表ゲーム:怪盗ロワイヤル)

これ以降、スマホアプリの時代となり「パズドラ」が覇権を取り、その成功を見て「モンスト」が産まれました。この時期の開発費は5000万~1億と跳ね上がりますが、今でもセルラン上位となっている為、最もコスパが良いゲームの代表格となっています。

この流れを見て参入してきたのがコンシューマーゲームの開発屋となり、2016年からはPSP並のゲームがスマホで遊べるようになった事で、開発費は1億~5億が普通となりました。ここからは開発期間は1年では到底作れなくなってきました。開発費の問題で倒産する会社も続出していきます。
2018年にはPS3レベルのゲームが登場し、グラフィックも2Dモデルから3Dモデルへ変化した事もあり、開発費は3億~10億へと上昇。

そして、日本のゲーム業界の分岐となったのが「働き方改革」です。
時間外労働の上限規制や、同一労働同一賃金でスーパーブラック業界に大手からメスが入りました。これにより、人件費が増加となり、開発費が30億へと大幅に上昇します。
その開発費からの爆死リスクを抑えるために有名タイトルのゲームがスマホに多く登場しました。(ドラクエ等)

そして運命の2020年、「原神」が登場しました。
その開発費は110億円を超えており、もう30億程度では中途半端なゲームとなった訳です。これが俗にいう「原神ショック」です。ゲーム業界は大混乱となりました。
2021年には日本から高クオリティゲーム「ウマ娘」が登場しましたが、これはアニメと絡めたメディアミックス戦略でもあり、完成したゲームそのものを1から作り直してリリースしましたので開発費は莫大となり、開発期間が長くなるのは当たり前です。
開発期間に3年を費やすと、開発中に時代が目まぐるしく変化するのです。
大規模な投資が必要となるプロジェクトを立ち上げる際には、必ず計画書を作り、売上予測を立ててスタートしますが、開発中にその売上予測の目途が立たなくなるのです。

しかし「原神」は2週間で100億を回収しました。それによって、中途半端な開発費より大規模な開発費を投資して回収するビジネスモデルが注目を集めます。
「パズドラ」の成功を見て「モンスト」が産まれたように、今後は「原神」を模範とした第二・第三のゲームが産まれるのですが、それはもう日本からではなく海外からと言う訳です。
海外展開を目指したゲーム開発をしなければ月に200~300億を目標に出来ません。それが海外展開のノウハウが無い日本メーカーでは難しいのです。

今やゲーム業界の覇権を握る中国メーカー「テンセントゲームズ」の2020年度売上高は7兆7000億円を超えている時代です。ゲーム開発期間を考えると「原神」を模範として産まれるゲームは2023年に登場するはずです。しかし「原神」は多額の開発費を掛けた大型アップデートを仕掛けており、「任天堂」すらスマホゲームには力を入れずに、「テンセントゲームズ」子会社と契約を結びました。もはや日本国内からは開発費に100億円を掛けるゲームは産まれにくい時代となった訳です。

もちろん、リッチ路線を進まない低予算での人気ゲームは日本でも数多く産まれるでしょう。
しかし、後数年で日本人の中国産のゲームへの価値観が変わります。
そんな代表格となっているゲームが「原神」なのです。今のゲーム業界を視野に入れた場合、最近続々と登場している「原神」関連のフィギュア達は要チェックすべきだと私は思っています。2023年に登場するであろう第二・第三の「原神」にも注目ですね。

※ご注意
メーカー受注期間を過ぎる又は、市場状況により店舗価格に変動が起こる場合があります。

原神 刻晴 疾雷快雨Ver

【特典】原神 刻晴 疾雷快雨Ver. 1/7
定価:19,580円(税込)
発売日:2022年12月
※特典:アクリルスタンド
※初回生産限定購入特典:「匣中龍吟」 天街巡遊Ver.

商品詳細ページ

あみあみ 17,600円(税込) 10%OFF
イエローサブマリン楽天市場店 17,630円(税込)
あみあみ Yahoo!店 18,209円(税込)
あみあみ 楽天市場店
ゲーマーズ 18,210円(税込)
フリースタイル-ホビーヤフー店 19,188円(税込)
ガンギ Yahoo!店 19,190円(税込)
でじたみん Yahoo!店 19,500円(税込)
でじたみん 楽天市場店
ホビーサーチ 19,580円(税込)
まちキャラ ヤフー店 19,580円(税込)
アキバ☆ソフマップ 19,580円(税込)
アニメイトオンライン 19,580円(税込)
Neowing
ホビーストック
Amazon

楽天市場 既にプレ値にて予約販売する店舗アリ
Yahoo!ショッピング 既にプレ値にて予約販売する店舗多数アリ

Amazon 既にプレ値にて予約販売する店舗アリ

-フィギュア
-

© 2022 転売される前に「ピーレア」情報でプレミア商品を格安ゲット